河合ゆうき

Yuki Kawai

オーストラリアブリスベン在住のライフコーチ。長野県伊那市出身。


日本では看護師として大学病院に勤務後、地域看護に関わる。20代半ばで経験した西洋医学では原因不明とされ、自己免疫疾患を示唆された体調不良。

その状態から、バイオレゾナンス、波動医療によって原因が分かり回復したことから、目に見えないけれど人生に大きく影響している世界に気づく。

バイオレゾナンスの医師に伝えられた、生き方、あり方、という部分が人生に与える影響、自分に正直に生きることの大切さに向き合い、自分の本音を選択して生きる人生へシフトする。

28歳いつかしてみたいと思っていた海外生活を実現すべく、ワーキングホリデーで渡豪。世界各国の友人ができるとともに、それまで持っていたあらゆる固定観念、思い込み、古い価値観が壊され、アイデンティティさえもわからなくなる経験をする。まっさらな状態から、自分と生き方に向き合い、本当に望む生き方、ライフスタイルを実現すべく、ライフコーチとして起業。

2019年それまで気になりつつも踏み入れていなかったスピリチュアルな学びを始めたことで、波動医療との出会いから取り組んできた5年のプロセス、現在コーチとして伝えている内容が実存的変容を伴うスピリチュアル=スピリアルであることにきづき、アストロガイドのビジョンに共鳴。

クライアント自身が生きている日常というリアルな出来事と、その背後にある意識、価値観、感情、思考といった見えない世界の関連性をクライアント自身が理解し、本来の望む幸せを実現する伴走をしている。

自分が自分のことを信じられない時があったとしても、信じて見守り続けてくれる存在がいることで、本来の自分らしい生き方へ人生は流れていくこと。

たとえどんなに苦しい現実や経験があったとしても、必ずそれが人生のギフトになり、だからこそ果たせる役割や使命があること。

関わる人がそう実感できるようガイドしています。

安心して内なる言葉や本音、感情を表現できることや、私自身が常に意識の成長や変容、スピリアルの体現者であることを大切にしています。